ごあいさつ

院長ご挨拶

dr_pohoto.jpg院長 医学博士 武井 章人

このたび、聖蹟桜ヶ丘にて小児科を開設いたします。
小児科医として20年以上の専門性を生かし、地域のお子様・ご家族の健康にお役に立ちたいと思います。特に、新生児医療と発達外来に長年従事してきた経験を生かし、新生児期からのかかりつけ医となることを目指します。

略歴

  • 東北大学工学部卒業
  • 東京医科大学医学部卒業
  • 東京医科大学病院小児科勤務
  • 東京医科大学八王子医療センター小児科勤務
  • London大学Rayne Institute研究所留学
  • 東京医科大学病院新生児集中治療室(NICU)勤務

資格・役職

  • 日本小児科学会認定小児科専門医
  • 日本小児神経学会認定専門医
  • 日本未熟児新生児学会評議員
  • 東京医科大学小児科兼任講師

所属学会

  • 日本小児科学会
  • 日本小児神経学会
  • 日本未熟児新生児学会
  • 日本周産期・新生児学会

理念・基本方針

武井小児科の理念
私たちは、皆様とのふれあい(コミュニケーション)を大切にし、患者様一人一人に最もふさわしい医療を提供し、お子様とご家族の「かかりつけ医」になることを目指します。

基本方針
上記を実現するため、以下のことを心掛けます。
  1. お子様やご両親とのコミュニケションを大切にします。患者様の訴えをよく聞き、病状を正しく把握するよう努めます。また、診察結果や治療方針をわかりやすく説明するように努力します。
     
  2. 新生児期からのかかりつけ医となることを目指します。
    産科医との連携を密にして出生前後の育児相談、新生児診察、
    1ヶ月検診などを積極的に行い、お子様の出生前後からのかかりつけ医となることを目指します。
     
  3. 院内感染を極力防止します。
  4. 隔離室、隔離待ち合いの設置、デイスポーザブルの使用、および予約制導入による待ち時間短縮などにより、院内感染を防止する努力をします。
     
  5. 育児、発達に関する相談に積極的に関わります。
     
  6. 他の専門医の診察、入院が必要と思われるときは、速やかに適切な病院、医院を紹介いたします。